ウォーターサーバー設置時に発生する諸経費の比較

subpage-img

ウォーターサーバーの設置にはサーバーの設置費用の他にも継続利用する事で発生する電気料金等が発生します。そのためより安い料金で天然水を楽しみたいのであれば、それら諸経費を比較した上で契約するウォーターサーバーを決める事をお勧めします。まず各社が提供しているウォーターサーバーの利用で発生する電気料金についての比較ですが、一番安い企業は月額330円をマークしているフレシャスが一位にランクインしています。

ウォーターサーバー情報をご紹介いたします。

ただしフレシャスは500ミリリットル換算で天然水の料金を計算すると81円と他の企業と比較して、若干高めに設定されているので天然水の消費ペースと電気料金を比較した上での契約が必要になってきます。
そして電気料金安さが2位の企業はアクアクララです。

日本経済新聞情報は必ず役に立ちます。

アクアクララでは電気料金が350円と安く設定されている上に、天然水の料金を500ミリリットルで換算すると76円とフレシャスより安く設定されています。
ただしサーバーレンタル費用がフレシャスと比較して無料にならないというデメリットがある上に、一箱で送られてくる天然水の量が12リットルと多いので天然水の消費ペースやサーバー設置費用の関係でフレシャスに一歩遅れを取っている状況になっています。
そのためこのフレシャスとアクアクララで迷っている方はサーバーレンタル費用の安さで選択するか、天然水の安さで選択するかで契約する企業を選択し、より効率的なウォーターサーバーライフを楽しむようにしてください。



top